• 京焼・清水焼 加藤雲泉

  • 作品紹介

    赤彩蘭人蓋向附 

     

     

     

     

     

     

     

    染付色絵赤龍小紋C&S

     

     

     

     

     

     

     

     

    赤渦龍鳳凰文マグ

     

     

     

     

     

     

     

    染付色絵丸文茶碗

     

     

     

     

     

    染付色絵草花小紋輪花向附

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • プロフィール

    陶工 加藤雲泉のご紹介と作品

    二代目 加藤雲泉 陶歴 Pottery history

     

     

    1949 京都に生まれる
    1967 京都伏見工業高等学校 窯業科卒
    1977 泉涌寺から山科へ移窯
    1988 雲泉 継承
    1995 経済産業大臣認定 【伝統工芸士】
    2011 京都府伝統産業 優秀技術者表彰 【京の名工】
    2012 京焼・清水焼展 経済産業大臣賞
    2017 日本煎茶工芸展 京都府知事賞
    2017 厚生労働大臣表彰 卓越した技能者 【現代の名工】

    2020【 瑞宝単光章】受章

     

    三代目 加藤雲泉 陶歴 Pottery history

     

     

    1976京都に生まれる  
    1995京都府立鴨沂高等学校卒
    1996京都府立陶工訓練校成形科修了
    1997同校研究科修了
    1998京都市立工業試験所専科修了
        二代目雲泉に師事、陶作を始める  
    2018京都市認定 【未来の名工】

    2020経済産業大臣認定 【伝統工芸士】

      雲泉継承

     

     

    初代橋本雲泉が京都・東山泉涌寺の地で窯を築き、色絵磁器を中心に作陶を始めました。二代目加藤白次は初代雲泉に師事し轆轤や絵付けを習得、1977年に独立。古染付や古赤絵といった古典の技に倣いながら、色と絵付けにこだわりを持って、作陶しています。

    三代目は二代目雲泉が作り上げた雲泉を継承し、そのスタイルを貫きながら、現代の多岐にわたる要望に応える器づくりを進めています。

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。
    工房でのご購入に関しまして、「メルペイ」でのお取引もできるようにしております。

    京都府京都市山科区西野山山田2−2
    月曜日~土曜日まで9時~18時
    075−594−3611